FC2ブログ

斉藤と隣のタルパ達

タルパに関することをちまちま書いています
2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOP独り言 ≫ 外に出ていないので

外に出ていないので

 思えば此処1週間、能動的に外出を行っていない気がする。

 少々不味い傾向だと思うが、コロナウイルスやら何やら騒がれているこのご時世の中で不用意な外出を行うのも気が引ける。どうするべきか考えていたら父親が「一緒にお出掛けするか?」と聞いてきた。断る理由もないのでお出掛けした、が。

202003210947536af.jpg

何故か福井に来ていた。

 流石に僕もこのスピード展開に笑うしかなかった。大体2,3分近く笑っていたと思う。

 「何故福井に来たのか」と質問をしたが「お前が行きたそうな反応をしていたから」と返してきた。父親の厚意で連れてって貰った以上「適当に頷いていただけ…」なんてことは言えなかった。



 ちなみに、今回訪れた場所は「美浜町」にある「水晶浜海水浴場」である。

 父親に頼み、降ろして貰った後4時間以上この水晶浜を探索していた。が…。

20200321094756167.jpg

 夏場と比べて波がヤバい。
 これでも干潮時間丁度に撮った写真である。ちなみに夏場は手前の岩ぐらいであれば水に浸からなくても行けるので今の時期がどれほど波が強いのかをすぐに理解できるだろう…。正直舐めて掛かっていた。大量の水しぶきがこっちに掛かって来る。やばい。

 「これはビーチコーミングもままならないな…」と諦めに近い感情を抱くが「折角来た以上楽しまなきゃ」と心を切り替えてビーチコーミングを始めていく。



 この水晶浜は他の海水浴場と比べて砂の粒子が荒い。粒子は大体3mm~8mm程の大きさだが、よく観察すると本当に小さなシーグラスも混ざっている。小さなシーグラスは加工には向かないので嫌厭されがちだが、僕はそんな、加工できない程に小さなシーグラスを集めるのが好きだ。

 タルパ達とお話ししながらシーグラスを集めていたが季節が季節なだけに中々見つからない。それどころか、見つかったとしても角がしっかりと取れず、不格好な形をしたものばかり。

20200321102911950.jpg

 しかしながら、このように珍しい色をしたシーグラスも見つけたので僕としては大満足。この水晶浜は時折浮き球が流れ着くこともあるが今回は見つからなかった。残念な気持ちはあるがそう簡単に見つかるものじゃないので仕方ない。



 タルパ達とはお話ししたり、砂を掛けあったり、イカの骨を投げつけあったりしていた。

 イカの骨を投げつけあった経緯は省くが、それによって普段は見せないような表情を見せてくれたので「タル活」としての収穫も大きい方だろう。タル活という単語の使い方があっているかはわからないが。

 今回の旅行は本当に唐突だった為に水晶浜以外何処にも行けなかったが、福井県自体は2ヶ月に1度の頻度で訪れるので、今度訪れる際はタルパ達と何処に向かうか話し合いながら行くとしよう…。
スポンサーサイト



独り言 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする