FC2ブログ

斉藤と隣のタルパ達

タルパに関することをちまちま書いています
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOPイラスト ≫ FC2拍手と機械音痴

FC2拍手と機械音痴

 「ブログに拍手をしてくれる人へのお礼として面白い工夫を加えたい」と思ったのでFC2拍手を導入してみたものの、機械音痴なものだからCSSやHTML等が理解不能で導入早々に混乱する。

 とはいえ「説明文や他サイトを参考にしたら流石にできるだろう」と、機械音痴が無謀ながらHTMLに戦いを挑んできた。

結果:機械音痴 斉藤の敗北 現実は非常である



 導入時点で不具合やミスが発生しないよう何度もブログを読み返し、手順通りにコードを入れても肝心の拍手サイトに飛ぶことが無くて頭を抱えてしまう。

 2時間ほど掛けても一向に変更する気配を見せないものだから流石にイライラが爆発し、タルパ達の前で赤子の様に叫んでいた。



斉藤
オァアアアア!!オギャ無理マッマオアァアアア!!!


先生
「イライラしたからと言って言葉にもならない言葉で叫ぶ癖直してくれないか…」


斉藤
「ピェェェェ………マッマッ………オギャァアァァ……………」


先生
「ハイハイそうだな。ママは此処にいるぞ。よしよし」


不知火
「いつも思うのですが、20代男性がママを求めて叫ぶ構図、控えめに言って地獄だと思いませんか?」


先生
「俺も地獄だと思ってるが此処で否定すると、面倒なことになるから適当に話し合わせておけ」


斉藤
「ビエェェェェ………(すまない………マジですまない………)」




 物事が思い通りに動かないと、このように幼児退行して叫びまくる癖がある。流石にこの行為を現実で行うのは気持ち悪すぎるから、常に叫ばないように努力しているものの、その反動故か、タルパ達だけが聞こえる空間ではこのように騒ぎ立ててしまう。

 これについてはタルパ達に対して申し訳ないと思っている。心から思っている。本気で思っている。俺もこの構図は一種の地獄だと思ってるけどこれをやっている時は大体何かに追い詰められている時だから許してほしい…。ごめんな…。



 そんなこんなで必死にFC2拍手を導入しようとしたものの、思い通りに設置することができないものだから諦めてしまった。無駄なことでストレス溜めるよりかはスッと諦めてしまえば余計なストレスを溜めずに済む…。

 ちなみに、FC2拍手を設置したらこの画像を置くつもりだったので供養用に置いておく。

20200131213826873.png
スポンサーサイト



イラスト | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする